現在の位置: ホーム > 人気漢方薬 > 漢方薬 > 漢方医の漢方薬は海外にになります――日本の漢の調合薬
漢方医の漢方薬は海外にになります――日本の漢の調合薬

山西の古い酢 ネットの上である人は中国の国粋----漢方医の漢方薬が国内のに不公平な批判を受けると言って、しかしになります 国外は大いに光華を放して、例えば漢方薬の国際市場はほぼ日本と韓国に独占されて、中国はすべきです 積極的に漢方医の漢方薬のこの中国の貴重な宝物一層光彩を放つ云々を発掘しますそして。筆者はこの業界のですと言えます半分の入門する漢、次に簡単に私の理解した日本の漢の調合薬の情況を紹介します。

1)伝統の医薬は決して中国ではないのがだけありました 近代的な医学が創立する前に、各民族の基本はすべて体系の民族の医学になってからあります。1842年発見しました今5-6000年前で美索に離れて達米の亜文化の時期の約数10万つの粘土の板の上で大量のを記載しませんでした 医薬と関係がある情報。少し遅いいくつか時期、ナイル川の文化、ガンジス川の文化と黄河の文化などはすべて出ます 伝統の医薬学の原形を現しました。その時の医薬は主に滞在して巫術と迷信の段階を経験します。…で美索は達米の亜粘土の板は例ではありませんて、上は植物種類の薬物250種類以上を記載して、動物種類の薬物 180種類以上、鉱物種類の120種類以上、別に散薬があって、しみこんで薬を炒めて、塗って薬の多数を配置します。ナイル川の文 Papyrus Ebers時期(紀元前1550年の頃)が溶けてすでに700の多種の薬物を使って、800は多種です 処方箋はおよび多く悪魔を除いて妖艶な護符と呪文に下がります。古希臘人はとっくにアヘンが悩みを取り除くことができることを知っていて、その上深く信じます 蛇は長生きするシンボル(紀元前の1000ぐらい)です。紀元前600年の頃、Hippocrates (460-377 BC.)医学の体系を創立して、初めて医学を科学にして対応しにきて、彼もそのため称されます 医学の鼻祖。Hippocratesは共に約400種類の薬物を使って、分類して利尿剤になって、鎮痛剤、鎮 静かな剤、吐剤、服に下痢をして待つことを催促します。亜立山が大きい時代(紀元前の275ぐらい)60種類の薬物の万を含んで 解毒剤t heriacaがすでに貴族の歓迎を深く受けられることができます。 反対して中国を見て、殷墟の出土する甲骨文の記録の神農のストーリ(大体相当します4700年前に)、漢方薬 すでに立ち後れる美索達米の亜文化でない1000年余り。西暦紀元220年に至って、神農の本草経はの登場を通じて(通って ) 医学の原形(原形ですと言えることしかできません)があって、その後、チフスは本草綱目との次々との登場を議論して、 伝統の漢方医の漢方薬の体系を創立しますと言えます。しかし全世界の医薬学の発展の長い流れ(川)の中で見にきて、中 国の伝統の医薬は決してその他の文化の先進ありませんに比べて。

2)伝統の医薬は海外にになります 今医薬学の急激な発展は近代的で科学的な進歩にかかります。化学、遺伝学、生命科学など の協力する発展、医学の発展に強大な動力を注ぎ込みました。今圧倒的多数の国家と民族はすべて基本的ですかすに富む伝統の医薬学を放棄しました。もちろん私達も必ず見なければならなくて、たくさんの社会の発展の停滞している国にあります 家あるいはコミュニティ、伝統の医薬は依然として一定の生命力があります。私達はアフリカのスーダンを求めることができなくて、チャド、盧 Wanda、コンゴなどの国家の戦乱の下で路頭に迷う難民はいつも受け入れます CT健康診断、同じくしばらく本当になることができません我が国の立ち後れた地区の貧乏で苦しい農民の獲得するべきな健康保険を現します。たくさんの現実的な制限のため、伝統の医学 薬(中国で、漢方医の漢方薬と称されます、漢方薬蒙医、チベット族の医者が待ちます)は近代的な医学の到着することができない地区でなります 唯一の医療の手段のため、発達している都市の地区の住民が医療の1つの選択を受け入れるのもであることができます。

3)日本の伝統の漢方医の漢方薬 日本で、漢方医の漢方薬は漢の方医薬と称されます。隋唐の時期に大量の日本の留学生は中国で学びます 先進的な文化の知識と社会制度の後で日本に戻って、中国の医療の技術をも持ち帰りました。西暦紀元の9 84 年出版の《医学の心の方》は850種類の内服薬を収録して、70種類の外用薬、ほぼ中国のを離れていませんモード。16世紀まで、漢方医の漢方薬に従って日本で日本との本土の文化の結合に絶えず発展してそして、および 田代の3喜び、是非の早瀬は言って待つ努力、漢方医の漢方薬の医療の体系で半分独立を生みました。近代的な技術 の発達しています更に引き離した漢のつの医薬と漢方医の漢方薬の開き。しかし漢のつの医薬の根源は漢方医の漢方薬で、 これは否定的な事実を許さないのです。今中国から来る日本の右翼の否定的な漢のつの医薬があって、ただ1度のどたばた劇だけ 而已。

4)漢の調合薬の現状 筆者は医学に対してあまり理解しなくて、次に簡単に1時(点)の漢の調合薬の現状を紹介します。

4-1)漢の調合薬の生産メーカー 今主にTSUMURAがあって、KANABO,小さい太郎の漢の方制薬、帝国の漢の方制薬、三和の生薬 漢の調合薬を生産することを待って、病院と薬屋を供給します。薬局方を記した書物の中で収録する薬物の中でただ148種類の漢の調合薬が使用することができます 医療の保険を使います。我が国の至る所ですばらしい発展を見せる製薬工場に比べて、日本の漢の調合薬のメーカーは指折り数えるほどわずかなことと言えます。なります しかしあのようながも現れて国内のいつも見る病院で自分で号の漢方薬を許可することがない規格がないことを造ることはでき(ありえ)ません。

4-2)漢の調合薬の調合指図書 筆者は日本の薬局方を記した書物を調べて、いかなる漢の調合薬の中で鶏冠石のようです猛毒の物質を発見することがなくて、辰砂など。漢方薬の調合薬はほぼ配合する固定的な粉剤あるいは煎じ薬です。たとえばニッケイの細い枝の茯苓のたまはニッケイの細い枝の4グラムを含んで、茯苓の4 グラム、牡丹皮の4グラム、クルミの実の4グラム、シャクヤクの4グラム、抽出を通って精密なことを抽出して粉剤あるいは錠剤を製造します。メーカー 気の向くままに変更しなければなりません。薬物は工場出荷して必ず厳格な検査を経なければならなくて、分析するのは各有効な物質の正確な濃度を測定します。偶数 なんじもつけて剤を炒めるきわめて少数の医者があります。国内のよくある漢方薬の調合指図書は1つの“待ちます”の字を使って多くの手紙を含みました やめて必ず患者に知っていなければならない薬物の成分を省略しました。

4-3)漢の調合薬のひどい副作用 すべての漢の調合薬はすべて厳格に表示してひどい副作用を付けました。たとえばKANABO製品の黄連の解毒するスープが明記するのが副 作用は高く上がるためGOT、GPT値、食欲不振で、げっぷを打って、下痢、腹痛します。チョレイマイタケ漢方薬のスープは4物のスープ(聯想 金庸の花彫の茯苓のブタが起きます)の副作用に相当して胃のために膨張して、発疹などを出して、深刻な副作用は食欲不振です。小柴 胡のスープのよくあって深刻な副作用は熱が出るため、咳、呼吸困難で待って、偶然に副作用が体重のために増加することに会って、血高くなることをおさえて、力がないで、手足が痙攣するのは麻痺して、GOT,GPT数値は高く上がって、黄疸、嘔吐して、下痢、便秘、 消化不良で、脈拍は速めて、排尿する痛み、血尿、不完全な小便は思います。5苓散の副作用は発疹と皮膚病を出すのです かゆくて待ちます。6種類の地黄のたまの副作用は胃の部が調子が悪くて、嘔吐して、食欲不振で、下痢など。市場の上流 通の健康食品はあるいは処方箋の漢の調合薬がいらないでもすべて厳格に表示して注意事項を付けました。

4-4)処方薬 病院で、医者は処方箋をつける前に必然的に患者が最近どんな薬物を服用したことがありますを尋ねます。もし患者ならば 服用したことがあって、あるいは漢の調合薬を服用して、医者は処方箋をつける時とても慎重なことができ(ありえ)ます。普通の情況の下 患者に止まって漢方薬の調合薬に従うように求めることができ(ありえ)て、と西洋医学の薬衝突しないようにします。薬屋が自分で薬物を買う時、薬剤 師(薬剤師の証明書を獲得して正規の大学の4年の本科の薬物学の専門が卒業してそして国家の統一を経なければならないことを必要とします のとても厳格な試験、国内と白い丈の長い中国服を着てカウンターに立ちました後に薬剤師になるのが異なっています)もできるのがきめ細かいです 患者の薬品使用の情況を尋ねて、これと国内の薬屋が薬を売って多ければ多いほど良いですまたとても別れた大きな区があります。

4-5)漢の調合薬に対する態度 普通の読者のほとんど所有する漢の調合薬の関連している資料に向かって、書籍などはすべて厳格に漢の調合薬があると説明します 副作用。いくつか教科書のタイプの書籍の中で中国人の“漢方薬が根本的に治すことに言及して、西洋医学の薬は応急処置します”の言うこと 法、しかし日本の観点は否定と批判の性質のです。漢方薬のつの薬学は漢方医薬のを受け継いで元来邪気を追い払う観を支えます 点、しかし漢の調合薬が非常に不思議でまで(へ)西洋医学の薬を越えると思いません。漢の調合薬は今ほぼ民間の領域があって、制 薬会社も健康食品と漢の調合薬を開発して、しかし薬物の濃度は薬局方を記した書物処方薬の濃度の数値より低くて、 ひどい副作用に対する気がかりのためです。

最近20年、大学の付属病院がいくらかあるのは漢の調合薬を使います癌に対して遅いです 期限の患者は慰めの性質の治療を行って、主要な出発点は一部の漢の調合薬が患者の体質の効果を高めることがいるのです。 今の大学の薬学と医学の部門と製薬公司が漢の調合薬が研究する上に入るのは多くて、漢方薬の目的 伝統の薬物の中から有効な物質を取り出すので、請負に出す医学の万病の万霊丹を始めます。 日本の漢の方薬学を総合して見て、日本がほぼ中国の医薬学で伝承することを放棄したことを見ることができて、 近代的な医学を受け入れて発展しました。漢のつの医学は日本で市場は何もなくて、近代的ですに診察することができ(ありえ)る誰がないためです CTのようです手段を切って、超音波スキャン、X放射線、内視鏡のすでに非常の普及の時代診察時の4つの方法の診断を受け入れます。

日 本人の平均寿命は世界の第1(81歳)で、漢のつの医薬の功労ではありませんて、先進的ですにのから来るのです 医療のレベル、発達した医療の技術と整った医療の保険の体系。漢の調合薬は民間に依然として存在して、ふた日本の文化が歴史が長い中華の文化の影響を深く受けられるためです。 日本の漢の調合薬の市場の売上高はとても高くて、漢方薬主要な原因は日本の物価がはるかに中国より高いので、その上 中国の原料の粗削りの加工に比べて言って、日本は更に高付加価値の高いハイテク度の製品の開発を重視します。 日本の薬屋あるいはコンビニはとても多くて健康な薬品の健康食品の販売があって、主に部分の日本人が持つためです “医学が食べて源(語源)を同じくします”の観点。

中国の漢方医の漢方薬の発展は今1つの十字路があって、どうして漢の方医を参考にすることができません 薬の発展の歴史、漢方医の漢方薬を民間に退いていさせて、集中の物資の財力は近代的な医療の技術と健康を発展します 保険の体制か? 最近漢方医の漢方薬の論戦のあまりに関していくつか静観して、ずっとものを書いて興を添えることを考慮しています。 この文が漢方医の陣営に反対することに対して少し助けることを望みます。

関連商品
同仁堂牛黄清心丸
規格: 10丸入(精装)
3960円 2100.00
北京同仁堂-牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)
規格: 3g×6個/箱(3日分)
1442円 1000円
同仁牛黄清心丸
規格: 10丸入(精装)
2900円 2100円
相互リンク集: 威哥王 | 巨人倍増 | 紅蜘蛛 | シアリス | レビトラ | RU486 | D10 | 妖姫 | 花痴 | VigRx | 淫インモラル | 蟻力神 | 蟻王 | 狼1号 | 天天素 | 三體牛鞭 | 福源春 | 蔵秘雄精 | 三便宝 |