現在の位置: ホーム > ダイエット > ダイエットの方法 > どのようにダイエットするのが最も有効です
どのようにダイエットするのが最も有効です

どうして肉を食べないのが太いです   

太っているのは近代的な社会の中で人々の健康な頑固な病気を悩ませるのです。太っている両の大きい外因を引き起こすのは飲食が極端に体力と活動して不足するのです ,これは太っている者のを占めました 9 5% ,しかし ,2種類が非太っている遺伝性があるのは栄養の過剰の結果ではありません。  

 1種は内分泌が均衡を失うのです ,もし甲状腺の機能は減退するならば ,皮質は脳下垂体の病理の変化などに増えますおよび ,この部分人が必要とするのは専科が治療するのです ;別の1種類の太った者 ,長期の偏食は、偏食しておよび盲目が食、節食引き起こした栄養の不足性が太っていることを制限するのです ,これらの肥満症は児童の中で多く会います ,常に人々のために軽視しました。  

 米国の営養士のバーニー・凱格爾博士は大量に実験して実証を通します ,いくつかの単純さ性が太って決して単一の栄養の蓄積だではありません ,体内が脂肪に熱量の極めて重要ないくつか栄養素に転化するように促すことに不足するのです ,ビタミンのようです B _ 1、 B _ 6、 B _ 12、 C ,ニックの酸と亜鉛、鉄、マグネシウム ,それによって脂肪の分解の生物化学の過程の妨げられる結果を招きます。  

 少し前に ,米国の有名な健やかな美学の家の科洛特金はまたいっそう実証を研究します ,栄養がに不足するため成体の太い直接の原因をつくります ,体内の脂肪が分解の過程に酸化する中でたくさんの栄養素の参与を必要とするのです ,その中の複合ビタミン B、ビタミン C、ニックの酸と亜鉛、マグネシウムは決定的な作用を発揮しています。偏食のため人々になります ,過度に食を制限します ,食品は上述の栄養の物質が現れて吸収して不足します時単調です ,脂肪のは分解の過程に酸化して影響を受けます ,分解して熱量の脂肪になることに間に合わないで皮下で集めて蓄えます。亜鉛、マグネシウムが不足する時 ,体内のグリセリンの3エステルの含有量は増加することができ(ありえ)ます ,脂肪の増殖因子の活性は強めます ,これは肉の同じく太くなる原因を食べません。  

 最も効き目があるダイエットの方法   太い時やせていやすい時は難しいです。いくつかの人為的になったダイエットすること ,言うことができるのはすべてに手段を借りないのです。食べます (ダイエットします )薬、飲むこと (ダイエットします )お茶のこのようで比較的普遍的な行為は自然と言う必要はありません ,手術をします (脂肪を抜き取ります )、民間の処方を探します、飢えを忍んで者も少数がかなりあります。更に非常に者がいます ,いくつかが人為的になってやせ下りてくることができます ,甚だしきに至っては命さえもう少しで付け加えるところです。   

実は ,ダイエットする方式はたくさん植えることがいます ,旧ソ連の1人の生理学者は曾指出について ,脳でもダイエットすることができます。具体的な方法は太った人に頭をよく使わせることです ,例えば本を読んで新聞、絵画が数学、学習の技術を刺繍をして、演算して、学問を研究することを見ます ,毎日大脳を緊張してこさせること一定の時間があります ,無為徒食の日々を過ごさないでください。頭脳労働の強さがもっと大きいためです ,消耗の栄養の物質はもっと多いです。   

つい最近 ,米国の1人の医者は出しています ,多く食べてダイエットします。もちろん ,大量の野菜と果物を食べるべきです ,特に糖分の緑色の野菜をくわえます ,脂肪を転化しにくいだけではありません ,その上ダイエットすることに対していっそう有効です。   実は ,どんな種類のダイエットの方法だであろうと ,いずれも相応する作用があります ,これらの治療法は太った原因の一様でない特定の人の群れのためですに比べてただなだけ。それでは、結局最も効き目があるダイエットの方法がありますか ?現在たくさんの専門家に賛成して、しかも太っている者のやせている下りてくる最も有効で最も安全な方法をも譲ることができます ,運動します。  

 どのような運動が最もダイエットすることに利益があります ?運動プロジェクトにとって ,普通はリズムの中等あるいはわりに速いプロジェクトを選ぶことができます ,もし決まりはの均等さまで速く走るならば ( 155~ 3000メートル )、テニス、バドミントン、フィットネスが使います、スポーツの舞踊などは比較的理想的です。運動の強さにとって ,中等の強さは比較的に適します。中等の強さを採用して運動を行いますためです ,エネルギー代謝の角度の上から見ます ,人体内の脂肪が脂肪酸に遊離して血液に入ることになることを促進することができます ,エネルギーとして運動の中で使います ,落ちたことを使われていないで脂肪酸に遊離しても更に脂肪を合成することはでき(ありえ)ません。

同時に中等の強さの運動は食欲を増加しません ,このように運動が更に多くのエネルギーを吸収することを引き起こすため免れることができます ,体内のが積を貯蓄しますに脂肪を激化させます。どのように運動を中等の強さの範疇で制御します ?通常心拍のがコントロールを測定してきますことができますを通じて(通って) ,ここはみんなの異なっている年齢を紹介する人に向って ,その中などの強さの心拍のコントロールの範囲 :20~ 39歳は毎分のためべきです 125~ 135回 , 40~ 49歳は毎分のためべきです 115~ 130回 ,5 0~ 59歳は毎分のためべきです 110~ 125回 , 60歳以上は毎分のためべきです 110~ 120回。  

 トレーニングの時間となると ,健康を保ってダイエットして鍛えて夕食前に手配しなければなりません 2時間行います ,表明を研究することがあります ,この時の効果は最も良いです。

ログイン
メンバーID:
パスワード:
 
ショッピングカート(0)
パスワードを忘れった方
相互リンク集: 威哥王 | 巨人倍増 | 紅蜘蛛 | シアリス | レビトラ | RU486 | D10 | 妖姫 | 花痴 | VigRx | 淫インモラル | 蟻力神 | 蟻王 | 狼1号 | 天天素 | 三體牛鞭 | 福源春 | 蔵秘雄精 | 三便宝 |